癌治療は自分で判断して決めましょう その1

日本という国は、国民が思うよりずっと恵まれた国です。こと医療面に限って言えば、お金がのあるなしにかかわらず標準的な医療は受けることができます。しかし、そんな日本でも昔の三大成人病でなくなる方は後を絶ちません。特に、癌で治療を受ける方は増えています。日本では国民の3人に1人が癌でなくなっています。また、ライフスタイルの変化などで、様々な癌が近年、急速に増えつつあって決して人ごとではない疾患になりつつあるのです。年に何回かある検査結果を恐々としながら、過ごしている方も存在します。もしなってしまった場合どうすればよいのか、治療方法はどうしてもらうのがよいのか悩んでる方も多いです。今回お伝えするのは、癌になってしまった場合の治療はどうすればよいかの判断です。治療して治る状態か、そうでないのか見極めることが重要です。その癌ですが、ステージというものがあって様々な診断や検査機器を使って進行状態を判断します。